<< St.patrick's day parade in Japan!! | home | 2年連続で… >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

再会

先日やっとこさ、ボルゲーゼ美術館展に行って来ました

ボルゲーゼ美術館は、去年ローマを訪れたときに、
いちばん最初に訪れた美術館であります!

今回も、音声ガイドを利用しながら、じっくり鑑賞してきました


この美術館展の見どころは、
やっぱりラファエロの「一角獣を抱く貴婦人」でしょうか?
ラファエロの聖母子像は好きなんだけど、そのほかのテーマの絵はあんまり好きじゃないわたし…
でも、「アテネの学堂」は大好きです!

今回日本に来日した「一角獣を抱く貴婦人」は、
いろいろ謎めいた絵画でして
分かりやすい解説もあって、Goodでした


個人的には、
やっぱりカラヴァッジョw
今回は「洗礼者聖ヨハネ」が日本初公開
この「洗礼者聖ヨハネ」はカラヴァッジョ晩年の作品として知られて、
美術史家ロベルト・ロンギが「ドラマチックな光線の極端な盛り上がりは、まるで画家の断末魔の叫びそのもののようだ」と評しています


あとはボッティチェリ!
今回来日しているのはボッティチェリとその弟子たちの「聖母子、洗礼者ヨハネと天使」
後ろにいる天使たちの表情には、思わず鳥肌ぞくぞくw
ボッティチェリらしさが、存分に感じられるのは私だけじゃないはず!


最近読んだ「ダ・ヴィンチの白鳥たち」の表紙にも使われている、
「Leda」 が見れたことも感動!
この絵はあのレオナルド・ダ・ヴィンチの模写として有名です
再会できたことに運命感じました! ←


今回のボルゲーゼ美術館展、期待しすぎたゆえに、少し物足りない感じがしました
ボルゲーゼ美術館といえば、ベルニーニの「アポロンとダフネ」、ティツィアーノの「聖愛と俗愛」の印象が強すぎて…

まあでも、ベルニーニの「アポロンとダフネ」、ティツィアーノの「聖愛と俗愛」を日本に持ってきちゃったら、大変なことになりそうw

現地に足を運んで見ると、出会えた感動も倍増ですからね


今回の美術館展を最後に、リニューアル工事のために、2年間の休館
古風な感じの東京都美術館も好きだったので、お別れはさみしいけれど
新しい美術館の完成も楽しみ


さあて、次は何を見ようかしらw

Posted by 由衣 | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:http://yuibrog.jugem.jp/trackback/255
<< 2017年04月 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
PROFILE
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
天使の予言占い、悪魔の予言占い
心の奥の性格診断書
OTHERS