スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

Last day in Ireland

朝6:30に集合というかなり強行突破なスケジュールで

日本に比べ、スローに時が流れる(とあたしは感じた)ア○ルランドでは、
まさにありえない時間帯


ホストマザーやガイドさんたちに
「6:30に集合だょ」って言うと最初はぽかーんな顔をするw



そんな時間にも関わらず、
ホストマザーはあたしの朝食を作ってくれて、すごく嬉しかった
もう泣きながら食べてた



ホストマザーは、さよならが言えずに泣いてたあたしをぎゅーとしてくれて、
「また来なさい」って言ってくれた



に行ったら、まさかのトム来てくれて
こんなに早い時間にも関わらず見送りに来てくれて
また泣いたあたし


ロンドン→成田の飛行機で、
ホストマザーからもらったサンドウィッチを泣きながら食べてた

隣りの席だった先輩はぐっすり寝てて、
それをいいことにいろいろ思い出しながら泣いてた




成田に着いて、
研修メンバーと別れて、
東京のアパートに無事帰宅



1年前には、こんなこと全く想像していなくて、
でもほんと充実した研修でした



伝えたいのに、伝えられず。
理解したいのに、理解することが出来ない。

そんな不甲斐ない気持ちを何度も抱いた。
もっと英語を勉強したいと強く思った。


夢に向かって頑張ることを強く意識させてくれた。



ア○ルランドに行ってよかった。



研修に参加することを応援し、費用を出してくれた両親に

温かく迎えてくれたホストマザーに

先生やガイドさんに

そして一緒に研修に参加したメンバーに

心からありがとう。
Posted by 由衣 | comments(2) trackbacks(0)

St. Patrick's Day

3月17日は、キリスト教布教のためにア○ルランドに渡ってきた
ア○ルランドの守護聖人セント・パトリックの命日。

その日に、ア○ルランドの首都ダ○リンでは、
セント・パトリック・フェスティバルのメインである、パレードが行われます

ア○ルランドの国花であるシャムロック(三つ葉のクローバー)や緑色のものを身につけて祝うの

身につける緑色のものは何でもいいらしく、
洋服、帽子、アクセサリー、顔のペインティング、かつらなどなど…


由衣も、先輩とおそろいで買った緑のTシャツを着て、
顔にア○ルランドの国旗を書いて参戦ー


ホストマザーから、ものすごい人の量だよと言われていたものの、
予想以上の人・人・人にびっくり!




@背伸びして、おもいっきり手を伸ばして撮った写真



スパイヤー近くのマックで待ち合わせだったんだけど、あまりの人の多さに、
目的地にたどりつけないありさまで…

とりあえず各自パレードを見よう!ってことに予定変更



由衣小さいもんで、人・人・人でパレードほとんど見えず…


でもマーチングバンドの音が聞こえてくるたびに、
ちょー背伸びして頑張りましたよ^^


由衣の隣でパレード見てたマダムが、めっちゃ陽気な人で ←絶対アイリッシュだと思う!笑
時たまマーチングバンドの演奏に合わせて歌いだすのよー
こっちまで楽しくなった^^♪


パレード終了後、やっと待ち合わせ場所に到着


それからみんなでジェラード食べに行きました

Posted by 由衣 | comments(2) trackbacks(0)

由衣、パリに行く (2)

先輩たちと相談して、ヴェルサイユを訪れる現地ツアーを
オンラインで予約して参加することに
日本人のガイドさんなので助かる
滞在時間は短かったんだけど、
ガイドさんのおかげで効率良く、絶対見ておくべきところを見ることが出来ました


何より中に入るために、ほとんど並ばなくていいのがいい!!
個人で入るためにはものすごく並ぶらしいです



ってことでヴェルサイユ宮殿内で撮った写真をちょっこしご紹介(・∀・)



@鏡の間




@「戴冠の間」にある「ナポレオン1世とジョセフィーヌの戴冠式」 ←かなりアップでごめんなさい



@お庭




半日だけのツアーだったから、
宮殿のほんの一部しか見れなかったのは、ほんと残念

プチ・トリアノンとか、見たかったー


うん。また行こうww





ツアー解散後は、エッフェル塔へ!


@エッフェル塔




翌日、シャルル・ド・ゴール空港で、
シャルル・ド・ゴール→成田便に搭乗する日本人の方がちらほらいて…
あたしはここから日本じゃなくて、ダブリンに帰るんだよなーなんて考えて、
若干寂しくなったりしてました





ってことで、短い短いパリ観光旅行終了!

まさかパリに行けるなんて思ってもみなかった

3泊4日(実質3泊3日)のパリだったけど、
ほんと行ってよかった!!





今回は外観だけの観光だったから、
絶対またパリに行くわよー


ルーブル美術館とか何回行っても飽きない自信がある!笑


今回で、パリ市内の地下鉄の乗り方はほぼマスターした(と思ってる)ので、
行ける行ける!笑



それにしても、パリに観光に来ている日本人多し!
日本語の書かれたガイドブックを持った人を何人も発見



もっと世界史を勉強したいって思った
来年からいろいろ世界史関係の授業取れそうだから楽しみww
本とか読んで自分でももっともっと知識増やしていきたいな
キャンパス移動に伴い、史学科の授業とか取れないのかな…?


もっとフランス語勉強して、もっとしゃべれるようになりたいと思いました

第二外国語でフランス語を選択しているとはいえ、
ほとんどしゃべれなかったので…



頑張るべし!


ってことで、由衣の初めてのパリ日記終了でございます(・∀・)



Posted by 由衣 | comments(0) trackbacks(0)

由衣、パリに行く (1)

基本的に毎週土曜日はサタデートリップと書きましたが、
最後の週だけそのトリップがなくて!!



なので行ってきました、パリに

ほとんどの人はロンドンで、パリは少数派だった☆
あとバルセロナ行った先輩もいたっけな(・∀・)



もちろんのことですが、ダブリンからパリやロンドンに行くのって、
日本からパリやロンドンに行くよりずっと安くて!!

それに先生も、「せっかく行くなら、月曜日に休んでもパリに長くいるべきだわ」
とか言ってくれるし


数少ない1年ガールズは、由衣以外、「ロンドンに行きたい!」って言っていたんだけど、
一度ロンドンは行ったことあるし、パリに行きたいな…ってことで、
「ロンドンよりパリに行きたい派」の先輩たち3人と、
由衣はパリに行くことになったわけであります 



金曜の夜にパリ着いて、月曜日にダ○リンに帰ってきたから、
実質パリ観光が出来たのは土曜日と日曜日だけで

なので大体のところは中には入らずに、外観だけの観光となりました


ってことでさくっとパリの写真公開
由衣が思う、いかにもパリ!な有名どころを3つアップしたよ


@凱旋門





@ルーブル美術館




@ノートルダム大聖堂



宿泊先はホステルにしました
それなりにきれいなホステルだったよ^^


地下鉄の最寄駅からも近かったし、
最寄の地下鉄も便利な線だったし

よかったよかった



由衣、パリに行く (2)に続きます

Posted by 由衣 | comments(0) trackbacks(0)

Saturday trip

基本的に毎週土曜日はサタデーSaturday tripなるものがありまして、
いろんなとこ行きました



@Malahide Castle (マラハイドキャッスル)




@Kylemore Abbey (カイルモア修道院)




@The Cliffs of Moher (モハーの断崖)


他にもいろいろ行きました^^




最後はア○ルランドっぽい(とあたしが思う)写真(・∀・)
ひつじだよー

@バスの中から

Posted by 由衣 | comments(0) trackbacks(0)

帰り道


@Spire (スパイヤー)
ダ○リンのメインストリートであるO'Connellストリートにあるモニュメント。
よく待ち合わせ場所に使うんだけど、
円柱だから、「もしかして後ろにいるかも…」と不安に思って、
ぐるりと周ってみたこともしばしば…。




キャラオケバーにも行ってきました

日本生まれのキャラオケなので、若干日本の歌が入ってるのよ

でも、歌のラインナップはかなり古く、

その上、たまに「なんでこれを採用したんだ!?」と思うような曲があって
おもしろかったですww



かなり酔ってしまった先輩たちを連れて、
バスで帰宅ー


心配したアイリッシュが、うちらをしっかり送ってくれまして!
ほんとやさしいわ



バスまでは何人か一緒なんだけど、
途中から由衣一人で帰らなきゃいけなくて…
ホームスティ先がみんなと若干離れててね


けど!
素敵なアイリッシュボーイが家の前まで送ってくれまして

めちゃくちゃうれしかったです



しかもねしかもね!

John「さっきの彼(崇くん)、名前なんていうの?」

由衣「崇だよー。けっこう酔ってたね」

J「彼より、由衣のほうが英語上手だね」

由「そう?由衣は大学で観光について勉強してるんだけど、崇は英語を勉強してるんだよ(崇は英文科)」

J「そうなの?でも、由衣のほうが発音きれいで聞き取りやすいよ」

由「ありがとー!でも、崇酔ってるしねー。酔ってなかったら、彼も上手なはずだよ」



ってな感じにほめられたー!

うれしかったよー

たとえお世辞だったとしても、うれしかったww




帰国前日に学食で遭遇したので、
一緒に写真撮ってもらってw

アイリッシュかっこよすぎでしょー

Posted by 由衣 | comments(0) trackbacks(0)

食べ物

ア○ルランドの食を語るうえで欠かせないのが、
なんといってもジャガイモ!

朝と昼はこんな感じ


朝)コーンフレーク・トースト・tea
  たまにラッシャースとプディングが出ることも!


昼)サンドウィッチ(ハム&チーズ) ←ホストマザーが作ってくれるの^^
  スパ(日本の大学にある生協みたいな感じ?)で、バゲット買って食べたり…
  学食で食べたり…



Dinnerはそれぞれのスティ先によりけり!
由衣のホストマザーの料理は、バラエティーに富んでて^^
なので毎日楽しみでした♪

ということで、一部ご紹介








ジャガイモに負けない頻度で出てきたのが、
Baked beans!(1枚目・2枚目にある豆)
由衣がこの豆が好きなことを伝えたら、
けっこうな頻度で登場\(^o^)/  ←好きだからいいけど
イギリスのB&Bで食べて以来、好きなの(・∀・)







これがプディング!(写真上)
やや見にくいけど、Black PuddingとWhite Puddingがあるのね
ブラック・プディングの中身は豚肉にオートミール(麦)や、
たまねぎ、スパイス、ハーブ、豚の血。
血が加えられていないのがホワイト・プディングです

そのとなりがラッシャース!(写真右)
Rashersはベーコンのスライス。
脂身と肉の部分が分かれていて、塩で味付けされた肉の厚いスライスなの


いわゆるシャキシャキ系のサラダとかは、ほとんど出なくて
「野菜が食べたい」って言ってた子はいたけど、
由衣は野菜が苦手だから、特に何も困らなかったよー


Posted by 由衣 | comments(3) trackbacks(0)

アイリッシュ

 

由衣が研修で訪れた国は、
ア○ルランド!


研修中はずっとホームスティだったんですが、
由衣のスティ先について、ちょっぴりご紹介


由衣のスティ先は、一人暮らしのマダムのお宅
めっちゃかわいがってもらいましたww
たまーに息子さんや娘さんがお孫さんを連れて遊びにきたり!
由衣、小さい子大好きだから、いっつも戯れてたよ♪



ア○ルランドといえば、PUB!!
なんどか飲みに行きました
アイルランドはGUINNESSが有名♪
日本で飲むより、ぐっと安いお値段で飲めちゃいます! ←他の研修メンバーいわく。
ちなみに、由衣は「20歳になるまでお酒は飲まない宣言(・∀・)」をしてるので、
今回の研修中もぐっと我慢しましたー


研修メンバーからはもちろん、
アイリッシュのガイドさん達や、ホストマザー、
はたまたPUBのカウンター席に座ってるアイリッシュのおじさまにまで、
「ここは日本じゃないんだし、飲んじゃいなよー!」と言われましたが、
一口も飲んでいません!

20歳になったら、ア○ルランド行って
PUB行ってGUINNESS飲まなきゃですね


Posted by 由衣 | comments(2) trackbacks(0)

帰国!


語学研修終了ってことで、

日本に帰国しました


ほんといろんなことがあった

全部書いていったら、果てしなく時間がかかるので、
かいつまんでご紹介☆


写真いっぱいとってきたんで、ガンガン載せてく予定ですよー


ちなみに!
明日地元に帰省します



Posted by 由衣 | comments(0) trackbacks(0)

いよいよ!!

なんか鼻水がとまんないんですけどー
花粉症…にしては、早いよね?




いよいよ明日から、
語学研修に行ってきます


帰ってくるのは3月の下旬です



研修期間中はすべてホームスティだしってことで、
パソコンは持っていかないんですよね

なのでブログ更新できるのかは、すっごく微妙です


プライベートな時間がどのぐらいあるのかも、わかんないしね…


まぁ、「便りのないのはよい便り」って言いますし




その分、帰ってきたらガッツリ更新するつもりなんで、

楽しみに待っててください


でゎ◆頑張ってきます







Posted by 由衣 | comments(2) trackbacks(0)
<< 2017年03月 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
PROFILE
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
天使の予言占い、悪魔の予言占い
心の奥の性格診断書
OTHERS